無知なままで施術を受けるのではなく情報を収集してからにしよう

サイトメニュー

支持されている美容整形術

鏡を見る婦人

美容効果と薬剤の種類について

安全性が世界中で認められており副作用のない美容医療であるボトックスですが、注目されているのは安全性以外にもあります。美容整形はコンプレックスの改善等、見た目の改善や美の追求の為の医療施術です。状態によっては骨を削ったりメスで切開したりと大きな手術が必要でした。その様な大きな手術をすると当然手術跡が消えるまでや、腫れや赤みが引いて元に戻るまでのダウンタイムが必要です。長期間他者に会わなくて良い環境であるなら良いのですが、その様な方はそう多くはありません。特に社会人の方は受けられない事になります。ボトックス注射治療は、手術でないと得られなかった結果を、注射するだけで得られると言う事が多くの方に支持されている理由です。副作用はなくダウンタイムもほとんどないので、施術翌日から通常通りの生活を送る事ができます。腫れ等ないので他人から気にされる心配もなく、当然休みをとる必要もありません。手術を避けられる安全な美容整形術だけでなく、生活スタイルを変えずに美容効果を得られる事から2009年日本に誕生してから今や多くの方が施術を受けています。効果は永久ではない事も、逆に失敗しても元に戻せると言う事から受けやすいのも注目されている理由と言えます。
ボトックス注射治療で注入する薬剤はボツリヌストキシン以外ありません。このボツリヌストキシンは世界中で認められているものですが、正規品とジェネリックに分かれています。選択する場合は、この2種類から決める事になります。ジェネリックは各国も推進している新薬と同一成分同効果のものです。新薬は価格が高い理由に、開発費や開発期間の長期化が挙げられます。対してジェネリックは安全性が確定している新薬の有効成分を使用しているので開発期間も短いです。その為単価も新薬より安く提供できます。安全性も各国が審査や基準を設けているものしか世に出ないので安全です。ボツリヌストキシンの正規品はアラガン社製ですが、ジェネリックは1つではなく、様々な国で製造されています。その為、その国の安全性の基準で製造されるので、日本では海外製のジェネリックを認めていません。厚生労働省も認めているのはアラガン社製だけになります。その為日本でボトックス治療の薬剤を選択する際は、言わば日本が認めている正規品か他国が認めているジェネリックかという考えになります。当然各クリニック自体も安全性を認めてクリニックで用意しているので、安全性は高いです。それ為、信頼できるクリニックかどうかがジェネリック選択有無の鍵になります。

Copyright© 2019 無知なままで施術を受けるのではなく情報を収集してからにしよう All Rights Reserved.