無知なままで施術を受けるのではなく情報を収集してからにしよう

サイトメニュー

美容効果について

医者

使用する目的とは

ボトックスという名前自体は耳にしたことがあるが、具体的にはどのような作用を齎すのかが分からないという方も少なくないはずです。そもそもボトックスはボツリヌス毒素から抽出したもので、毒性がなく筋肉を弛緩させる働きがあります。脳から筋肉を動かせと命令されて動こうとする神経伝達物質の放出を抑える働きがあるのです。それによって筋肉の動きがなだらかになってしわなどが出来にくくなります。つまり若返りの施術に最適ということです。しわを目立たなくする施術にボトックスが使用されていますが、しわの種類によって効果の現れ方が変わってきます。例えば水分量が不足して皮膚がたるんで生じるしわの場合はボトックスよりもヒアルロン酸が効果的でしょう。表情筋などが原因で刻み込まれているしわに関しては、筋肉の動きが原因でしわが生じているのでボトックスは有効です。このように状態に合わせて使用することによって最大限の効果を発揮します。若返りの治療以外にも小顔や痩身目的で使用されることも多いので、注入する部分によって得られる効果が異なると考えて良いでしょう。その状態を維持するためには効果が消える前に再度注入することがポイントです。美しさを保つためにも定期的にメンテナンスしましょう。
美容目的の施術が行える美容外科などでボトックス注射を受けることが出来ますが、まずはカウンセリングの予約を行うのが一般的です。電話やメールで申し込みすることが出来ますので、施術の内容や持続性、そして料金などについても知るために一度は必ずカウンセリングを受けるべきです。クリニックのホームページを見てみると大体の料金が記載されていますが、注入量などに関しては状態や個人差がありますのでホームページに記載されている料金から前後することもありますので、実際に医師から話を聞くことも大切です。初回はキャンペーンなどで格安で施術を受けることが出来るクリニックも多いのですが、定期的にメンテナンスを行うことを考えれば二回目以降の料金もチェックしておきましょう。一度注入すれば半永久的に継続する訳ではありません。状態維持のためには一定間隔をあけて再度注入する必要があるのです。大体の目安としては三か月くらいから効果が薄れてきて半年から一年くらいの間には効果が失われます。そのため大体半年から一年程度の間に一度は再注入するのがベストです。ボトックスは注射するだけで施術が終わるので、クリニックによってはカウンセリングを行った日にそのまま施術を行うことも可能です。

Copyright© 2019 無知なままで施術を受けるのではなく情報を収集してからにしよう All Rights Reserved.